top of page

製品提供開始:RYX(リュークス:RIKKA Yarigai Transformation)



■❶:WHAT:RYX(リュークス)とは


「ヒト行動変化」「株主価値」へ結びつけるITツール


  1. ヒトの行動変化:人的資本価値。その中でも生産性を軸に展開。

  2. 株主の価値:株主資本価値(株価)。




❷:WHO:RYX(リュークス)が想定する対象企業・対象人材


テーマは、「人的資本価値「株主資本価値


  1. 対象企業:自社株価インパクト情報として、人的資本価値の生産性データも取り入れたい。

  2. 対象人材:生産性変化を客観的・定量的に認識し、自社株価へのインパクトを知りたい。




■❸WHY:なぜRYX(リュークス)なのか


WHATを実現するために解決するべき課題は、「運用方法「回収方法


  1. 運用方法:ホワイトカラーが従事している業務名が関係者内で統一されていない。

  2. 回収方法:実績時間回収作業がホワイトカラーの負荷作業になってはいけない。


RYXは上記の課題を解決します。




■❹HOW:RYX(リュークス)の運用環境

  1. Microsoft Teamsでの運用。

  2. アプリケーションに関しては、Microsoft Power Platformにて作成。

  3. BIツールは、Power BI Desktopを推奨。



 

★:想い:RYX(リュークス)を通じて「現役世代」と共有したいテーマ


や り が い


我々は、「やりがい」を、「働きがい(=働きやすさ+やりがい)」の一部と考えております。


  1. 株式市場がこれからの「現役世代」に期待したい「やりがい」とは何だろう? そして、

  2. あなたが追求したい「やりがい」と株式市場の期待が一致している状態とは何だろう? 


引き続き科学し続けます。

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page