灰色の紙

生産性向上コンサルティング

問題の観える化

 「あるべき姿(ありたい姿)」から「あるがままの姿」を見ることで、問題を観ます

事実は問題ではない

​ 問題は創造することで観えてきます。しかし、事実(あるがままの姿)を問題に置き換えてしまっているケースもあります。

 問題が事実と重なるならば問題は発生していないことであり、どのような対策を講じても実効性の高い経済効果は回収できません。

21-12-02_問題の観える化.jpg

進め方

 データを武器に、定量的、且つ、論理的に、事実を見て問題を創造する。

知恵の創出に集中

 ​貴社プロジェクト関係者が情報の収集業務以上に、情報の編集業務に集中できる環境を共同で創造。

21-12-02_生産性向上コンサルティング.jpg

実効性の高い経済効果

 ​測定できないものは、マネジメントできない。

効率性向上

 ​期待される職務(Job Description:職務記述書)に直結する業務に集中(参照:下記黄色枠:基本)できる環境は整っているか?

21-12-02_生産性向上コンサルティング_成果_効率性_edited.jpg

効果性向上

 ​職務に直結する業務の内、創造的業務の価値を向上させているか?

21-12-02_生産性向上コンサルティング_成果_効果性.jpg