top of page
灰色の紙

人的資本価値測定〜株主価値向上シミュレーション
アプリ開発・提供

人的資本価値を株主価値につなげる

24-05-24_やりがいと価値.jpg

弊社が推奨する運用サイクルと各アプリ

24-05-21_アプリ_全体像.jpg

​運用:人的資本価値

①学習アプリ 〜 ②入力アプリ 〜 ③確定アプリ 〜 ④集計アプリ 〜 ⑤分析作業(Power BI) 〜 ⑥財務アプリ

24-05-21_アプリ_全体像_生産性.jpg

​①学習アプリ

◼️実現:社内で、個々の主観によってバラバラに運用されていた業務名の統一化、および、業務内容の組織財産化。

→ 企業戦略に則って従事する業務内容の「管理・運用・アップデート」。

24-05-21_アプリ_①学習.png

②入力アプリ

◼️実現:既存のスケジューラー(Microsoft Outlook)上にて、社内で統一化された業務名を運用。

→ ①学習アプリで設定された業務表現で運用するアプリ。業務表現を関係組織内で統一して運用できることで、各個人間でバラバラに運用・測定していた「業務と投入実績時間」の関係が組織で運用・測定可能。

24-05-21_アプリ_②入力.png

③確定アプリ

◼️実現:業務へ投入した実績時間回収の自動化。

→ 投入実績時間の回収に関して、

  1. ​これまで

    1. 課題A:「​予定:スケジューラー」に入力していた投入予定時間を、「おおよその投入実績時間」として使用。

    2. 課題B:「予定:スケジューラー」で運用している業務表現は個人の主観表現であり、横断的比較が難しい

    3. 課題C:「投入実績時間」回収作業そのものが全業務の生産性を低下させている。

  2. ​③確定アプリ

    1. 解決A:「​予定:スケジューラー」に「ログ」データを組み合わせることで、「確かな投入実績時間」として測定。

    2. 解決B:「予定:スケジューラー」で運用している業務表現は関係組織内で統一化された表現であり、横断的比較を実現

    3. 解決C:「投入実績時間」回収作業の自動化を実現!(注意:手動入力機能もあり)

24-05-21_アプリ_③確定.png

④集計アプリ

◼️実現:人的資本価値向上に関する様々なテーマの中で、取り扱いが難しいと思われている「生産性」の測定。

→ 弊社アリゴリズムを使用し、「テーマ:生産性(参考:ISO 30414)」に特化した成果物(数種類)の生成。

24-05-21_アプリ_④集計_生産性.png

参考A:企業戦略に直結した業務に従事している測定状況

24-05-24_Output=効率性.jpg

参考B:創造を期待される業務の指数化と測定状況

24-05-24_Output=効果性.jpg

⑤分析作業

◼️実現:既存のBusiness Intelligenceツール(Power BI)を使うことで、新たなコストをかけず深い分析が可能。

→ 「テーマ:生産性」と、御社内の「ESG(例)」データを組み合わせることで、付加価値の高い人的資本経営分析を実現。

24-05-21_アプリ_⑤分析.png

運用:株主価値

①学習アプリ 〜 ②入力アプリ 〜 ③確定アプリ 〜 ④集計アプリ 〜 ⑤分析作業(Power BI) 〜 ⑥財務アプリ

24-05-21_アプリ_全体像_収益性.png

⑥財務アプリ

◼️実現:各マネジャーが創造する、自社の「資本コストの低減・業績予想の角度向上」に関するありたい姿を全社数値として集計。

→ メンバーの生産性を向上させることで、マネジャーとしてどの程度自社成長に貢献したいか? するべきか? シミュレーションアプリ。代表的なシミュレーションテーマは、

  1. 売上

  2. HC - ROI:Human Capital - Return on Investment(人的資本ROI)

  3. ROIC:Return on Invested Capital(投下資本利益率)

  4. WACC:Weighted Average Cost of Capital(加重平均資本コスト)

24-05-21_アプリ_⑥財務.png
運用:人的資本価値
運用:株主価値

運用上の留意点

Microsoft Management Service(MMS)上での運用になります。

bottom of page